トラブルになりにくい

シャンデリア

従来の蛍光灯や白熱灯に代わって、家庭やさまざまなところで使用が広がりつつある電機器具がLED照明です。
照明をLEDにすると、さまざまなメリットがあります。
まずは消費電力の大幅な削減です。
従来の蛍光灯や白熱灯に比べて最大50%から60%の消費電力を削減することができるといわれています。
そして寿命が長いのでランプ交換の回数も減り、ランプの買い替えや廃棄の回数もかなり減らすことができます。
また従来の蛍光灯とは違い即時に点灯し、スイッチの入り切り回数による劣化もありませんので節電にもつながります。
さらにランプからの紫外線量が少ないことから防虫効果もあり、水銀を使用していませんので人にも環境にもやさしい照明電機器具といえます。

LEDが登場する前の照明電機器具は、主に蛍光灯や白熱灯でした。
家庭内ではスイッチの入り切りを頻繁に行わず長時間使用する場所では蛍光灯が、トイレやお風呂場など使用する時間が比較的短い場所では寿命が短くてもすぐに点灯が可能な白熱灯が使われていました。
ところが省エネや節電が必要とされるようになり、新しくLEDという照明電機器具が開発されたのです。
発売当初は省エネや節電効果があるということは知られていても、LED電球自体が高価なもので一般家庭ではあまり手の届かない存在でした。
ところがさまざまなメリットが判明しLED電球の増産が格段に進んだことから、次第にコストも下がり需要も増えてきました。
今では家庭内をはじめとする企業や公共施設・街灯などにも使用されるようになり、照明電機器具としての地位を確立しつつあります。

Copyright(c)2015 LEDの使われた水銀灯なら省エネで利用することができます