水銀灯について

置かれた照明

最近では、家電量販店に行って照明を探すと電球タイプのものは少なくなっており、ほとんどがLED照明にとって代わられています。
LED照明は中の電子基板上に多数の発光ダイオードが配列されており、これらに電気を流すことで発光させて照明として利用しています。
アナログな電子回路ではなくデジタルな回路のため、制御が効きやすく明るい色から暗い色まで個人の好みの設定にできます。
また青色発光ダイオードが発明されたことで様々な色合いも表現可能となり、より明るい光を出すことも可能になりました。
このようにLEDを使用した電気器具は照明だけにとどまらず、様々な製品で利用されています。
今後も白熱電球からの置き換わりは進んでいくでしょう。

LED利用のメリットとしては、高寿命化が挙げられます。
白熱電球ですと、熱を発生させることからどうしてもフィラメントの劣化が発生し、定期的に電球の交換が必要になります。
しかしLEDの場合は熱をほとんど発さず、素子そのものから光を出しているため劣化が少なく、長期に渡って使用できます。
またデジタルな回路であるため制御がしやすく、タイマー機能を搭載して一定時間経った場合に自動的にライトを消すというエコな使い方をすることができます。
また明るさもこまめに調整可能なため、朝昼夜でそれぞれ必要な明るさに設定してやることで無駄に明るすぎるということも防ぐことができます。
リモコンで遠くからオンオフできる点も非常にメリットがあります。

Copyright(c)2015 LEDの使われた水銀灯なら省エネで利用することができます